ブログを音声入力で高速執筆!効率化を考えているなら今すぐ取り入れよう

こんにちは、しょういちです。
サラリーマンとして働きながら日常的にブログをアウトプットの場として活用しています。

先日こんなツイートをしました。

ブログの毎日更新で消耗している人は音声入力を試してみてはどうだろう。

ガラケーを経験している世代は先入観で音声入力の精度に疑問を持つ人が多いかもしれないけれど、一度お手持ちのスマホで試してみてほしい。かなり精度が高いし、一般的にはタイピングの3倍の速度が出るといわれている。

僕のように副業としてブログを活用しようとしている人も多いと思います。

ただ、一方で慣れないうちは時間がかかってしまう。ネタも考えなければいけないし、時間の制限もある。

そんな「働きながらブログを継続していきたい」方におすすめするのが音声入力でブログを執筆することです。

音声入力はタイピングよりも3倍の速度で入力できるという話もありますから、時短のアイデアにはうってつけでしょう。

音声入力でブログを執筆する方法

僕はWordPressでブログやサイトを運営していますが、音声入力で執筆するときはGoogle Keepに入力しています。

もしかしたらGoogle Keepのことを知らない人がいるかもしれないので一応解説しておきます。

Google Keepとは

Googleが提供している多機能型メモアプリ。シンプルさと高機能を兼ね備えたバランスの良いサービス。 ウェブ、Android、iOS、Android Wear、Chrome OSの、5つのプラットフォームで提供されている。

Google Keep - メモとリスト

Google Keep – メモとリスト
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

もちろんGoogle Keepではなくてもよくて、競合であるMicrosoft OneNoteやEvernoteでも問題ないです。

Google Keepを使う理由

僕がGoogle Keepを使う理由は下記の通りです。

  1. PCとリアルタイムで同期している。
  2. 利用料金がかからない。
  3. タグづけができて管理が簡単。

メモができるアプリを含めると文章を書けるサービスはかなりの数がありますが、ぶっちゃけあまり比較はしていません。

もしかしたらより便利なアプリがあるのかもしれないですが、現状満足しているので問題なしです。

PCとリアルタイムで同期している

同期は欠かせない機能の1つ。

音声入力の精度は上がってきているとはいえ、ブログをWordPressに投稿する前に変換等のミスがないか事前にチェックします。

むしろ音声入力で執筆しているときは、リズムよく話すことを重視していて多少の変換ミスや言い間違いは気にしません。

荒削りですがとりあえず全体像を書き上げて最後に細かいところをチェックするようなイメージ。

このチェック作業は個人的にPCの方がはやくできるような気がしているので、同期しているのはとても便利なのです。

利用料金がかからない

正直なところより便利な機能がGoogle Keepに有料で追加されるのだとしたら間違いなく課金します。

ただ、初めて使用する場合や他のサービスと検討、比較するときに料金がかからないのはメリットの1つです。

とはいえ、この手のサービスで有料なものはあまりないんですが。

普段からGoogleスプレッドシートや、Googleドキュメント、Googleドライブを使っているのでGoogleのアカウントにまとめることができるというところも大きいかもしれません。

タグづけができて管理が簡単

正確にはラベルという機能なのですが、メモにそのタグをつけておくとタグが付いているメモを後で検索することができます。

この機能を使えば普段からGoogle Keepをメモとして使っている場合でも混同せずに整理することができます。

タグだけではなくてキーワードでもメモを検索することができるので、後から探し出す時も便利。

音声入力でブログを書くときの具体的な手順

僕が音声入力を使ってブログを執筆するときの具体的な手順は下記の通りです。

  1. キーワードをリサーチしてGoogleキープにメモ
  2. Google Keepに音声入力で執筆していく
  3. WordPressにコピペする
  4. 文章の推敲と画像を配置して投稿

キーワードのリサーチもそんなに時間をかけないので、3000から4000字位であれば所要時間は1時間程度。

僕たちサラリーマンにとっては自由に使える時間は特に限られているのでスピード命です。

リサーチはスマホでは難しい

リサーチも含めて全てスマホで完結できてしまえばさらに効率化していけそうですが、現在のところまだ難しいですね。

なのでいまはあらかじめ執筆するテーマを決めてリサーチまでしておきます。

それでも大方の作業はスマホを使ってできるので移動時などの隙間時間を有効活用することができます。

音声入力でブログを書くときのイマイチなところ

ここまで音声入力を使ってブログを書くことの有効性についてお伝えしてきましたが、使いづらいことや不満も少しあります。

それは下記の通り。

  1. 電池の消耗が激しい
  2. 雑音が大きいと精度が落ちる

この2点に関しては、工夫次第で何とかなるものでもあります。

電池の消耗が激しい

音声入力を使ってブログの記事を1本書いてみたらわかると思いますがスマホのバッテリーの減りが結構早いです。

正直これが音声入力の弊害なのかは分かりませんが、普通に使っている時よりも明らかに減るスピードが早い。

僕なりの対策としては予備のバッテリーを携帯したり、充電器をカバンの中に入れておいていつでも充電できるようにしています。

最近はいろいろな施設で充電スペースが設けられているのでありがたいですね。

雑音が大きいと精度が落ちる

音声入力なので仕方がないことですが、周りの環境音が大きいとなかなかうまく聞き取ってくれません。

これは音声入力の唯一弱い部分といってもいいでしょう。

この問題に関しては、AirPodsを利用することで回避しています。

AirPodsはApple社が販売しているワイヤレスイヤホンの事ですが、音楽を楽しむ他にそのまま通話もできます。

という事は音声入力もできてしまうというわけで、これが非常に便利なんです。

音声入力の精度も普段より高くなるような感覚もあるので、持っている人はぜひ試してみて欲しいです。

iPhoneとAirPodsの親和性の高さにびっくりするはずです。

音声入力ならではの表現の仕方

音声入力で執筆していくと気づくことがあります。

それは文章の表現の仕方。

タイピングで文章入力していく時と比べて、音声入力で行うとどこかやわらかな表現方法になるような気がします。

例えば、文章を考えながらタイピングをしていく場合はどこか説明的で難しい表現をしてしまいがちなのですが、音声入力の場合はあまりそういったことがありません。

これは普段人に口頭で伝える時と文章で伝えるときの表現方法の違いにありそうですが、個人差もあるでしょう。

執筆する文章のテーマによって合う合わないがある

上記のような気づきが誰にでも当てはまるとすれば、音声入力で執筆する際にはあまり向いていないテーマがあるかもしれません。

例えば難解なテーマにおける解説やそれとは対極にあるアーティスティックな文章。

ただ、もしかすると単純に慣れや経験のレベルによる違いだけなのかもしれませんのでこれから先音声入力によって書き記してゆく自分の文章がどのように変化していくのか楽しみでもあります。

タイピングに固執することによって生産性が悪くなっている

本記事では、音声入力の有効性とともにもう一つ伝えておきたいことがあります。

それはブログを書く行為がキーボードでのタイピングありきの行いになっていないか、という疑問です。

ブログだからといってパソコンの前に座りキーボードで打つ必要は全くなく、それは音声入力でもなければ、スマホでLINEやSNSをするように文章を書いてもいいわけです。

このあたりの固定概念によってただでさえ限られた時間が消費され、なかなか生産性が良くない人がいるのではないか、そんな気がするんです。

誰しも生活環境は異なるので、たとえトッププレーヤーと同じことを取り入れたとしても自分が成長できるとは限らない。

こうしなければいけないと言うマインドブロックを外し、あなたの生活環境の上で最も効率が良くなる方法を探し実践していくのが良いと思います。